カウンター

プロフィール

しょーへー

Author:しょーへー
年齢:22歳

血液型:AB型

出身地:大阪府高石市

出発日:2012年5月10日→9月1日西日本半周
再出発:2013年6月9日→現在   

State & Finish 高石神社

twitter:@fnodius
facebook深野 昇平

よければ友達、フォローお願いしますー)^o^(

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
2234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
815位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:

血の池地獄のパンフレット盛り過ぎワロタ(笑)

2012.05.25 あきのさとし 編集

楽しそう

2012.05.25 編集

辛いこともあるけどたのしいですよ!

2012.05.25 しょーへー 編集

野沢温泉並は地獄‥(^_^;)

2012.05.26 マティ 編集

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL


こんばんわー

今日は久しぶりに
道の駅からの更新です(^o^)/

はい。トイレにこもっております。

とりあえず昨日の夜から

mを出て公園探し
別府とかの都会になると
グーグルマップは当てにせず
適当に人気のなさそうな
道に行って、いい公園を探すようにしてます

田舎のほうだとその辺の公園でも
人があまり来ないので問題ないのですが
都会はそうもいかないからです

彷徨ってると良さそうな公園発見


・・・でもちょっとテント張りにくいかなぁ

公園に居たお兄さんに
この辺でテント張れそうな公園
あるか聞いてみると
ここがまだマシなそうなのでここに
張ることにする

さて、張ろうかな!と
思った瞬間ヤンキーが
ラジコンしにきたので
仕方なくビール飲みながらその場で時間潰し)^o^(

20分くらいするとどっか行ったので
テント張ってご飯

今日は豚もやしなう

DSC00923.jpg

DSC00924.jpg

完成

DSC00927.jpg

うめぇーーー
やっぱ豚もやしは期待を裏切らない

お腹いっぱいになって就寝



朝8時くらいにおきて
洗い物したり準備開始

別府温泉に入りたいがために
痛みに耐えながら包帯も取りました(笑)

10時前に完了して、まず地獄巡りに向かう

地獄巡りとはご存じの通り
近場に8個の色々な温泉が湧いていて
それを順に見ていくものである

なぜ地獄なのかというと
この一帯に吹き出る
熱湯や噴気が地獄絵図のような光景で
昔の人は近寄る事のできない場所だったそうです。

というわけで地獄巡り一帯に到着
見ていく順番が一応あるんですが
始めに行ったとこが6番目だったので
行った順では65431278となってしまいました)^o^(
許せ!

行った順から貼っていきます

まず白池地獄!

DSC00994_R.jpg

チケット(全地獄見れて2000円、高い・・・)買って
入ってみるとなぜかピラルクが

DSC00929_R.jpg

DSC00930_R.jpg

すげーーーー
本当に白い!

DSC00932_R.jpg

DSC00933_R.jpg

硫黄くせえーー!

まあ白の温泉なんか
バスクリンとかの濁り湯でまだ見慣れてるぜ!
これくらいじゃあ地獄と言えないやい!

続いて2番目鬼山地獄!

DSC00934_R.jpg

DSC00935_R.jpg

これは・・・
煙は凄いけど普通なんじゃあ

DSC00936_R.jpg


DSC00937_R.jpg

DSC00938_R.jpg

中のお土産屋に入ると
ワニのはく製が

DSC00939_R.jpg


イチロウ・・・

DSC00940_R.jpg

ワニがいっぱい

DSC00941_R.jpg

2代目がいたか・・・
次郎にしたらいいのに

DSC00942_R.jpg

そっからちょっと歩いて

DSC00943_R.jpg

3番目かまど地獄!

DSC00944_R.jpg

一丁目

DSC00945_R.jpg

DSC00946_R.jpg

二丁目
DSC00950_R.jpg

岩の中から煙が吹き出てる

DSC00952_R.jpg

三丁目

DSC00949_R.jpg

DSC00948_R.jpg


DSC00953_R.jpg

四丁目
DSC00954_R.jpg

DSC00955_R.jpg

五丁目

DSC00956_R.jpg

DSC00957_R.jpg

ここは某国家の観光客が100人くらい
居たので適当に見て退散

続いて山地獄

DSC00958_R.jpg

かばがいるよ

DSC00959_R.jpg

しょうへい・・・

DSC00961_R.jpg

DSC00960_R.jpg

ここは動物園かーー!

DSC00963_R.jpg

山から煙がいっぱい
でてるから
山地獄

DSC00966_R.jpg

DSC00967_R.jpg

ばいばい昭平

DSC00968_R.jpg

ここでちょっと
カルピスのみながら休憩

DSC00969_R.jpg

5番目海地獄
国指定名勝に登録されてるから期待!

DSC00970_R.jpg

DSC00971_R.jpg

これはすごい!
きれい!

DSC00972_R.jpg

DSC00973_R.jpg

DSC00978_R.jpg

ここでお腹空いたので
大分名物だんご汁を食べる

DSC00980_R.jpg

豚汁に平たく伸ばしただんごが
入ってる感じ!

汗だくになりながら食べて

6番目鬼石坊主地獄

DSC00984_R.jpg

泥がゴポゴポなってる

DSC00981_R.jpg

これ撮るの苦労したんだぜ・・・
これが坊主の頭みたいだから
鬼石は地名

DSC00982_R.jpg

DSC00992_R.jpg

DSC00993_R.jpg

こっからバイクに戻って
3キロ程移動して
待ちに待った血の池地獄へ!

迷いながらも到着!

DSC00995_R.jpg

ワクワクドキドキ・・・


!!?・・・これは・・・

想像

imagesCAAFZGQI.jpg



現実
DSC00996_R.jpg

思った程赤くないお・・・
どっちかってゆうと
茶色いような・・・

DSC00997_R.jpg

写真にエフェクトかけてみた

DSC00999_R.jpg

パンフレットでは
もっと赤かったのに

地獄

そして最後竜巻地獄!

DSC01000_R.jpg

この地獄は間歇泉と言って
一定のパターンを刻みながら
温泉が吹き出てきます

DSC01002_R_20120524222154.jpg

竜巻地獄は大体30分間休憩して
6~10分間吹き出るようです

そうなる理由は
この地下に空洞があり、
そこに温泉が溜まっていき
蒸発した蒸気の力で吹き出るようです
昔は空洞が小さかったため
3分置きに吹き出ててたらしい

入ったのが15分前くらい
だったので座って待つことに




・・・・・でてきた!

DSC01003_R_20120524222153.jpg

DSC01006_R.jpg

地獄巡り終わり!

結構時間取られたのでそそくさと出発

別府温泉付近にきたので
おっちゃんに温泉聞いて
向かったのは竹瓦温泉!

DSC01007_R.jpg

100円で入れて、中は
行った人ならわかるけど
野沢温泉みたいな感じでした(笑)

すっきりして
宮崎方面へ向かう

途中穴ぐら発見したり

DSC01008_R.jpg

崖の上の海岸線走ったり
DSC01009_R.jpg

途中道の駅でテント
はる予定だったんですが
今日はあまり走ってなかったので
もう一個次の道の駅へ向かう

細い山道走ってると
宮崎県!
DSC01010_R.jpg

そして1時間くらい走って道の駅到着!
ここは九州一の海水浴場らしい

DSC01014_R.jpg

まだ明るかったので
適当に歩いて散策してると
レストランがまだ開いてたので・・・

やっちゃったぜ・・・

DSC01015_R.jpg

DSC01016_R.jpg


飲んで食べてテント張って

DSC01017_R.jpg

今です)^o^(

今からご飯食べようか迷い中

あ、明日は多分長距離移動日です

また明日ー

走行距離151.6km
平均速度18km/h
使用金額4200円くらい
使いすぎた・・・




ワンクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント:

血の池地獄のパンフレット盛り過ぎワロタ(笑)

2012.05.25 あきのさとし 編集

楽しそう

2012.05.25 編集

辛いこともあるけどたのしいですよ!

2012.05.25 しょーへー 編集

野沢温泉並は地獄‥(^_^;)

2012.05.26 マティ 編集

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL

Copyright ©しょーへーの日本一周!旅ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。