カウンター

プロフィール

しょーへー

Author:しょーへー
年齢:22歳

血液型:AB型

出身地:大阪府高石市

出発日:2012年5月10日→9月1日西日本半周
再出発:2013年6月9日→現在   

State & Finish 高石神社

twitter:@fnodius
facebook深野 昇平

よければ友達、フォローお願いしますー)^o^(

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
2045位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
745位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL


こんばんはー

日本海側は風が強くて
苦労します(>_<)

あと車の流れが
結構速いのでひやひやもん(笑)
後ろにトラック迫ってきてるときとか
結構恐い

やっぱ90ccはないと
きついねー


昨日は更新終わって
2ちゃんやら見て
結局3時くらいにねたので
10時半頃起きましたw

また忘れてたぜ・・・

DSC01912_R.jpg

準備してツーリングの
おっちゃんに話しかけられて
30分くらい話したり
道の駅にあったスーパーで
弁当買って食べたりして
12時半頃出発

DSC01913_R.jpg

昨日秋吉台の真ん中あたりをつっきてる
カルストロードを走ってなかったので
ちょっと戻って秋吉台へ行く

カルストロードに入る
こんなとこ走るのは気持ちいい!

DSC01914_R.jpg

DSC01915_R.jpg

昨日の展望台も
また行きましたー

DSC01916_R.jpg

DSC01917_R.jpg

ということで
撮影タイム!

実はこの↓ジャンプ技は
きっかけになった人の技です(笑)

DSC01922_R.jpg

いいのが撮れたけど
この体制はまずい(笑)

DSC01923_R.jpg

DSC01925_R.jpg

失敗作だけど
なんか面白いのが撮れたw

DSC01930_R.jpg

撮影タイム終了して
ちょっと黄昏

本当自然だけで静かでいいとこです

DSC01939_R.jpg

そっからカルストロードにもどり

DSC01940_R.jpg

道をぬけ、そのまま
日本海側へ走ってくと
維新の町萩に入る

DSC01945_R.jpg

道の駅

DSC01946_R.jpg

これはいいポスト

DSC01947_R.jpg

DSC01948_R.jpg

ソフトクリーム

DSC01944_R.jpg

これはうますぎた!
今までの経験上
道の駅のソフトクリームって
大抵250円か300円なんだけど
美味しいソフトクリームは大体
250円なんだよねー

中に入ると松下村塾の
原寸模型がありました

DSC01942_R.jpg

松下村塾とは
幕末、吉田松陰という人が
開いた学校のようなもので
その当時ではめずらしい
身分関係なく誰でも
通える学校のようなものだったらしいです

吉田松陰先生は勉強熱心だったらしく
何百冊もの本を読んで
鎖国時代に海外に留学しようと
密航するも失敗し
自首して幽閉され、
釈放後に松下村塾を開き
今の日本じゃ欧米に
植民地化されるのを
心配して倒幕を目指すも
後に斬首刑で亡くなったそうです

この時松下村塾の門下生だった
高杉晋作、木戸孝義(桂小五郎)、山形有朋、伊藤博文等が
志を継いで、見事倒幕を果たしたという
感じらしいです!

歴史上の有名人が
いっぱいいますね

てかここで木戸孝義=桂小五郎というのを
知りましたw

DSC01943_R.jpg

そっから萩市街地へ行き
天照院へ

ここは毛利家が立てた
お寺だったとおもいます

DSC01949_R.jpg

DSC01950_R.jpg

DSC01952_R.jpg

DSC01954_R.jpg

なんかいっぱい貼ってあるけど
いつのものだろう

DSC01953_R.jpg

DSC01955_R.jpg

DSC01956_R.jpg

横に毛利家のお墓がありました

DSC01961_R.jpg

ここには毛利家初代と
その後の偶数代のお墓になってるようです
奇数代のお墓はまた違うお寺にあるそうです

ってか灯篭多すぎ!

DSC01962_R.jpg

DSC01963_R.jpg

DSC01965_R.jpg

DSC01966_R.jpg

やっぱ立派なお墓だなあ

DSC01967_R.jpg

こっから適当に
萩の城下町を散策

大正時代の駅

DSC01968_R.jpg

これは!

DSC01969_R.jpg

ちゃんと電話できるみたいです

DSC01970_R.jpg

なんていうお城か忘れたけど
それの外堀と北門

お城はなくなってます

DSC01971_R.jpg

DSC01974_R.jpg

井戸発見

DSC01972_R.jpg

水汲めるのか!?
と思ったけど残念
でも下は本物っぽいね

DSC01973_R.jpg

博物館に行ってみる

DSC01984_R.jpg

おおお!
古い消防車!

DSC01975_R.jpg

博物館の無料のほうだけ入りました
萩の町

DSC01976_R.jpg

別館にレトロ系が展示されてたので
テンションあがる(笑)

DSC01977_R.jpg

凧でかすぎ!

DSC01978_R.jpg

DSC01980_R.jpg

こうゆうのなんか見たことあるような・・・
昔家にあったかな?

DSC01981_R.jpg

わろた

DSC01982_R.jpg

DSC01983_R.jpg

今の宮大工さんも
すごいねー

DSC01985_R.jpg

こっから松陰神社へ

DSC01986_R.jpg

ここにはさっき紹介した
松下村塾の本物と
旧吉田松陰邸があります

松陰先生が亡くなってから
建てた神社ですね
松陰先生を祀ってあって
当然学問の神社

DSC01987_R.jpg

明治以降の天皇陛下も
参拝されてるようでした

松下村塾です

DSC01988_R.jpg

DSC01989_R.jpg

松陰先生と門下生

DSC01990_R.jpg

DSC01991_R.jpg

幽閉されてた部屋

DSC01992_R.jpg

旧邸

DSC01993_R.jpg

ちゃんと参拝しときました

DSC01994_R.jpg

結構興味がでてきたので
500円払って歴史館へ

吉田松陰の一生が模型にされてました

DSC01995_R.jpg

DSC01998_R.jpg

DSC02000_R.jpg

DSC02002_R.jpg

DSC02003_R.jpg

いやー帰ったら歴史の本
読みたくなったね

そっから日本海沿いを走ってくと
天然記念物、明神池なる池があったので
寄っていく

DSC02005_R.jpg

なんだと・・・

DSC02009_R.jpg

いくら水が海水だからって
こんな緑色のただの池に
マダイやエイやら
ましてやイシダイさんなんか
いるわけ・・・




!!?

DSC02006_R.jpg

DSC02007_R.jpg

この美しいしま模様は間違いなく
イシダイさん・・・
しかもデカイ

DSC02013_R.jpg

ここで釣りしたら
爆釣れなんだろうな)^o^(

池の横に神社

DSC02010_R.jpg


今日のにゃんこ

DSC02014_R.jpg

DSC02015_R.jpg

人慣れしてるみたいでした

DSC02016_R.jpg

ちょっとにゃんこと遊んで出発

道の駅について
休憩してると
いい夕日になってきました

DSC02017_R.jpg

DSC02018_R.jpg

DSC02020_R.jpg

こっから25kmほど
進んだとこに
また道の駅があるみたいなので
そこまでいくことに



着いて散策すると
いい場所がありましたー\(^o^)/
今日はテントなし!

DSC02022_R.jpg

やっぱ自炊すると
炊き立てあったかご飯
たべれるからいいね

DSC02023_R.jpg

混ぜるだけのビビンバ飯と
ポプラから揚げ

DSC02024_R.jpg

この辺りも田舎だから
星がきれいすぎ!

また明日ー\(^o^)/

走行距離93.2km
使用金額2500円くらい



ワンクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント:

コメント:を投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:

TB*URL

Copyright ©しょーへーの日本一周!旅ブログ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。